2009年12月08日

キタ・クラフトの森

キタ・クラフトは数年前に山林を買いました。


将来的にはこの山をフィールドとして
何かをやりたいと思っています。

例えば、薪割り体験とか…


今は雪が少し積もり
天然のクリスマスツリーのようです。


CA3C0193.JPG



自然素材の家づくり
 キタ・クラフト 
http://kitacraft.com/

☆旭川近郊、上川北部(名寄、士別など)の建物の
新築・リフォームのことならキタ・クラフトへ☆
posted by daiku kato at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 樹のお話

2009年11月06日

樹のお話(2)カラマツの樹

北海道は11月に入って、初雪が降り結構たくさん積もりました。
道路は真冬並みに圧雪状態になるほど…
ですが、ここ数日の暖かさで道路の雪はすっかり解けました。

人も森の樹々たちも急な冬の到来に冬支度に必死です。
カラマツは落葉樹なので秋には葉っぱが全て落ちてしまいます。
雪が本格的に降る前にカラマツは自身の葉っぱを頑張って全て落とすのです。その葉っぱが落ちる前に大雪が積もるとカラマツは耐え切れず枝が折れたり、幹が折れたりしてしまうのです。
なので、この時期に道路を黄金色にするまで葉っぱを落としているカラマツを見ると、「がんばれ♪カラマツ!」と思ってしまいます。黄金色の葉っぱに朝日が当たるとすごくキレイです。

キタ・クラフトの山林にもカラマツの小さな苗木があります。
それも黄金色に…。



キタ・クラフト HP
http://kitacraft.com/


CA3C0133.JPG

CA3C0131.JPG

CA3C0131_1.JPG
posted by daiku kato at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 樹のお話

2009年08月28日

樹のお話(1)トドマツ

これから、森林の町しもかわからの発信ということで
たまに樹のお話をdaiku katoの視点から
お話したいと思います。


まず始めに『木』と『樹』の言葉の使い方を
私はこう思っています。

『木』は建築で使う材料の柱や梁
そして板を示す時に使っています。
『樹』は生えている樹、樹の皮が付いている
生きている樹を示す時に使っています。

でも、これからお話する『樹のお話』は
材料としての木だけでなく
木が生まれ育った森、山をイメージしながら
お話したいと思います。


『トドマツ』は北海道を代表する松の木です。
北海道のどこの山に行っても見られる
すごくポピュラーな樹です。

葉っぱは1年を通して濃いグリーンで
冬でも葉っぱは落ちません。

なので冬に葉っぱの上に雪が積もると
まさにクリスマスツリーのようになります。

ここで1つ提案です。
お家の周りに天然のクリスマスツリーに
植栽として植えませんか。

お問い合わせはキタ・クラフトまで
info@kitacraft.com


この写真はリフォームで屋根を直した時の様子です。


CA3C0042.JPG


野地板(屋根のトタンの下の板)には
トドマツの板を使います。

木としてのトドマツはあまりクセのない素直な木で
白い木肌をしています。
トドマツの葉っぱはエッセンシャルオイルの
原料にもなるくらいなので
材料として使っていても木の匂いは
とても爽快感があります。

最近ではこの野地板に合板を使ったりもしますが
キタ・クラフトでは、なるべく自然の木を使います。



自然素材の家づくり
 キタ・クラフト 
http://kitacraft.com/

☆旭川近郊、上川北部(名寄、士別など)の建物の
新築・リフォームのことならキタ・クラフトへ☆
posted by daiku kato at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 樹のお話